背景
文字サイズ
西区社会福祉協議会
TOP高齢者情報

2.介護予防・日常生活支援総合事業をすすめます

新しい総合事業では、要支援者の方や要支援者になるおそれのある方が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」があり、皆さまの介護予防と日常生活の自立に向けた支援を行います。

介護予防・生活支援サービス事業とは?

要支援1・2の方と基本チェックリスト(日常生活や心身の状態を確認する25項目の質問等)で事業の対象者と判定された方が利用できます。

   
介護予防・生活支援サービス事業(名古屋市のサービス)
予防給付
(全国一律のサービス)

訪問介護

(ホームヘルパー)

→

【予防専門型】(従来と同じサービス)

既存の訪問介護事業所による身体介護や生活支援

 

【生活支援型】
NPO、民間事業者等による掃除・洗濯等の生活支援

 

【地域支えあい型】
住民ボランティアによるゴミ出しや電球の交換等、日常のちょっとした困り事についての生活支援

通所介護

(デイサービス)

→

【予防専門型】(従来と同じサービス)

既存のデイサービスセンターでの機能訓練や入浴、食事の介護等

 

【ミニデイ型】

デイサービスセンター等での「なごや介護予防・認知症予防プログラム」による機能訓練

 

【運動型】

デイサービスセンターやフィットネスクラブ等での、転倒を予防し、足腰の筋力を保つための軽い運動

上記のほかに生活支援サービスとして、栄養改善や安否確認を目的とした自立支援型配食サービスがあります。

一般予防事業とは?

65歳以上のすべての方が利用できます。

保健所や福祉会館等で介護予防の知識を学び、地域の身近な場所で介護予防の活動を継続できるよう支援します。

高齢者サロン

高齢者の方が身近な場所で集える場(サロン)を増やします。

(サロンの開設や運営の支援を行います。)

いきいき教室

保健所等で、専門職による介護予防に関する講演や教室を開催します。

認知症予防教室

福祉会館で、認知症予防に役立つ知識や活動を普及啓発するとともに、地域で活躍するリーダーの養成を行います。

高齢者はつらつ
長寿推進事業

コミュニティセンター等で、レクリエーションなどを通じ、仲間づくりの支援を行います。